• HOME

自分の歴史

今回自己・他己分析を行うにあたって、今までぼんやりとしか把握していなかった自分という人間を、客観的な視点を交えてはっきりと見つめることになる。

その中で無意識に避けてきた部分と向かい合うことで、自分はどんなことを辛いだとか嬉しいと感じてきたか、何に影響を受けてどんな価値観を持ってきたかなどを過去<事例1>

(幼稚園年中)友達同士のケンカを目撃し、保育者に報告に行った。「ハルちゃんが『マナちゃんはどうしてババアなの』って言って、マナちゃんが『ババアじゃないもん馬場だもん』って言って、『じゃあどうして馬場なの』って言ったら泣いちゃったの。」とやけにハキハキ説明したことを覚えている。

<分析・考察>

これは4歳頃の記憶であるが、割と鮮明に覚えている。あまり自分の感情を混ぜずに、あったことを説明するのは得意だったようだ。また、ケンカを見かけて止めようとせずにすぐに保育者のところに話しに行っている。この時はケンカというよりもマナが一方的に攻撃されているように感じ、マナは泣きだしてしまっていたので、自分が加勢するよりも保育者を呼んだ方が効果的だと判断したのではないかと思われる。

<事例2>

小学4年生の時に、授業で目の不自由な人について調べるという活動があった。どんな感覚なのか、どのような道具を使っているのか、生活で不便なところはどこかなどを体感しながら学んだ。手話も少し習い、学校で視覚障害者の人を迎え、話を聞いたりもした。

<分析・考察>

以前から何かと視覚障害・色覚異常などに興味があったのだが、きっかけはこの授業だったのかもしれないと思った。この授業があったことさえ最近まで忘れていたが、思えばこの頃から徐々に興味を持ちだし、考え始めたような気がする。この後小学6年生では身体的障害者について総合学習を行ったが、そこで視覚だけでなく様々な障害があり、公共物などにはそのような人たちに配慮した工夫がたくさんあるということを学び、日常でも意識するようになったように思う。の事例を根拠にして分析する考え方を身につけたい。保育者やソーシャルワーカーとして、また母親として相手の気持ちを考える際の訓練というつもりで、またこれからの就職活動にも活用することを意識しながら取り組んでいく。

自己とは

<主観的自己>

活動に積極的だが、面倒くさがりでやりたくないことは後回しにするところがある。人の世話をすることや、相手のことを考えることにやりがいを感じる。色んな人の立場の目線に興味がある。理屈っぽく、定義を好む。環境の変化を嫌う。気が散りやすく、集中力が無い。

<客観的自己>

誰とでも優しく接するが、相手の良くないところも指摘する。

自分の信念を持っているが、周囲のことを考える協調性がある。

積極的な発言で、自分の意見を分かりやすく他人に伝える。物事を深く考える。

自分の興味のあることに関して力を注ぐことができる。

関連記事